放射線・放射能測定データアーカイブズ

福島第一原発事故に関わる放射線測定データ情報検索
RADARC311

〓 はじめに

  2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震とその後の大津波によって引き起こされた東京電力福島第一原子力発電所事故(福島第一原発事故)は 福島県を中心とする東日本一帯に広く放射性物質による汚染被害をもたらしました。

  事故直後から、政府、民間、大学等、多くの団体や個人が積極的に放射線測定に関わり、放射線や放射性物質に関する膨大な測定データが記録され、発信されてきました。事故から10年が経過した今、測定データ全貌の把握は難しくなり、当初データの消失も進行しています。

  本サイトは、特に事故直後に行われた測定について、測定量、測定地点、日時や、データの所在など、データに関する情報(メタデータ)をデータベース化し、どこにどのようなデータが見つかるか検索できるようにしたものです。

  また、本サイトでは、測定データに関する情報の収集も行っています。福島第一原発事故に関わる放射線測定データをお持ちの方は、データの保全と共に、測定日時や場所、使用した装置、公開場所などのメタデータ情報の提供にご協力ください。

 

〓 新着情報

2021 12/1 施設保守のため、2021年12月8日 10:00より12:00まで停止します。作業の進み具合により時間を変更することがあります。
 
2021 3/11 放射線測定メタデータの一部の公開を開始しました。順次追加してゆく予定です。
 
   

 

〓 連絡先

ご連絡等は radarc_info@isee.nagoya-u.ac.jpまでお願いいたします。

放射線・放射能測定メタデータベース(RADARC311)に関するお問い合わせ

伊藤好孝名古屋大学 宇宙地球環境研究所
放射線メタデータアーカイブグループ

 

日本学術会議における
「東京電力福島第一原子力発電所事故に関連する
放射線・放射能データアーカイブズワーキンググループ」
の活動に関するお問い合わせ

高橋知之京都大学 複合原子力科学研究所

 

最終更新日:2021年3月11日